仮想通貨ってそもそも何?電子マネーと違うの?解説してみた

仮想通貨、仮想通貨、仮想通貨

テレビでもハッキングされて〜と報道があったり、仮想通貨払いできます!といった張り紙があったり、投資に良いですよ!なんてお誘いがあったりする仮想通貨ですが、今回は仮想通貨と電子マネーとの違いという、基本的な話をしたいと思います。

根底的なお話としては、仮想通貨とはなんだろう? というのが今回の内容の最も説明するべきところになりますが、あまり触れていません。(笑

皆さん、仮想通貨は持っていないという人でも、【電子マネーは持っている人】が大多数だと思います。waonやnanacoなどのスーパー・コンビニ系の電子マネー、suicaなどの交通系電子マネー、その他電子マネー、多数の電子マネーを持っているという人は多いのではないでしょうか?

私は今日もnanacoを使ってきました。セブンイレブンでアイスコーヒーを買った時にワオーンっと使いました。→それはWAONだと突っ込んでください。

皆さんも、沢山の電子マネーが財布に入っていたりしませんか? 電子マネーはポイントもつくし小銭もお釣りも必要ないため利便性が非常に高いです。

それでは本題ですが、電子マネーも仮想通貨も目には見えないお金であるという部分は共通していますが、明確な違いはなんなのでしょう?

仮想通貨と電子マネーの違い

電子マネーと仮想通貨の違い

違いとして一つ言えることは、「電子マネーには発行主体があり、仮想通貨には基本的にはない」ということです。(近年例外多いです)そして、もう一つ言えるのは電子マネーはあくまで【円の代替え】で使用される通貨ですが、仮想通貨は一つの通貨として独立的でであるということです。

簡単に言い換えると、円の代替えである電子マネーは、円と肩を並べることはありません。電子マネーとしてチャージするような形になりますよね。しかし、仮想通貨は円やドルと肩を並べる存在になりえるかもしれない通貨と言えます。

現状言えるかは微妙ですが、初期に購入したり参入したりした人たちは、そういったロマンを持って参入していたように思います。仮想通貨は、最大発行枚数も決まっているので、現時点ではビットコインがデジタルゴールドなどど言われたりもしていて、どちらかと言うと通貨と言うより資産の意味合いを持つことが大きくなってきました。

この点も、電子マネーと異なる点です。皆さんもwaonに入った電子マネーを資産という認識はあまりないのではないでしょうか。

ただし、電子マネーは円と同様に使えるため、本来は資産です。

電子マネーの利点

  • 決済が簡単
  • カードなのでかさばらない
  • 多くの場所で使える
  • ポイントがつくので還元される

ここで、あえて電子マネーの利点を見ていきましょう。

決済が簡単

あらかじめカードに円を入金しておけば、カードをかざすだけで支払いが完了するため、決済が非常にスムーズです。クレジットカードでもいいじゃないかと思うかもしれませんが、前もってチャージしておくものなので、紛失してカード内の金額がなくなる以上の損失が出にくいという特徴もあり、主婦(主夫)に好まれています。

カードなのでかさばらない

小銭を沢山財布に入れていると、どうしてもかさばってしまいますが、電子マネーは基本的にカードタイプが多いので、財布がかさばりません。

ただし、ポイント目当てで沢山の電子マネーを使い分けている(もしくは使えるところが会社にによって異なるため)場合は、逆にカードで財布がかさばるということもあるかもしれません。

多くの場所で使える

国内のスーパーやコンビニ、はたまた運送業者さんの支払いまで、日本国内では電子マネー決済が非常に普及しています。とはいっても、海外に比べるとキャッシュレスには程遠く、現金払いの人が多いと言われれば多いのもまた日本です。

今後、更に電子マネーの統合などもでてきたりして、一枚のカードで買い物ができる幅も広がってくるでしょう。

ポイントがつくので還元される

そもそも、電子マネーを各社が作って消費者に使わせたかったのは自分のところに囲い込みをしたいからにほかなりません。そのため、電子マネーで買い物をするとポイントがつき、後日そのポイントで買い物ができます。

電子マネーによっては、このポイントの二重取り方法などもあるため、奥が深いです。



仮想通貨はどうなのか!?

では、現状の仮想通貨は上記であげた電子マネーの利点をもっているのでしょうか?ここでは簡単に見ていきたいと思います。

決済が簡単かと言われると、たしかにインターネットをかいした海外への送金や、今からすぐに送って欲しいなどと言う場合には非常に便利です。通貨の種類とネットワークの状況によりますが、送金したらするに反映されます。

しかし、2018年現在、対面での決済に向いているかと言われると、少し疑問なところもあります。使う側の課題でもありますし、セキュリティの面での課題とも言えます。

かさばりません!!スマホのウォレットに入れたり、デスクトップウォレットに入っているものなので、かさばるということがないです。

多くの場所で使えるかどうかに関しては、現時点ではほとんど限定的な使用しかできていないようです。仮想通貨に関わってもう随分経ちますが、いまだにリアルで仮想通貨決済をしたことがない人です。

ネットではあります。

ポイントがつくかどうかですが、これはつきません。ただし、トークンを利用したポイントの様な位置づけのものは今後でてくるかもしれません。(もう割とあるのかな?)

じゃあなんで騒がれているのか?

ほとんどの騒いでいる人が、投機目的や投資目的だと思います。実際に実社会に普及するからと言って、値上がりするのかと言われると微妙なところで、1日に3〜10%(最近の変動でいうと)も変動する「お金」を使って買い物したりが日本国内で普及するかと言われると「少し疑問」でもあります。

ただし、ハイパーインフレ下の国にとっては、それ以上に自国の通貨のインフレ率があるので、それならまだ仮想通貨にしておこうと言って保有する人も多いかもしれません。

現に、経済不安の多い国は仮想通貨保有率ランキングでも上位にランクインしています。

終わりに

電子マネーと仮想通貨の違いと言っても、背景から何から違うため、目に見えるところ以外の違いも沢山ありますが、今日はどちらかといと電子マネーを使うイメージを基準にして仮想通貨との違いという部分をお話しました。

今後は電子マネーの方が仮想通貨よりに進化してくるでしょうし、そうなってくると既存の仮想通貨のアイデンティティが資産や投資よりに必然的になってくるような気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする