1000通貨から始めるトルコリラスワップポイント投資!1ヶ月目

こんにちわ。

最近はちょっと仕事やらなんやら、うん。なんやらで疲れてます。

それこそ、ツイッター(@kaminuma_nico)での名前の通り、フリーランスで投資家という感じでまじまじとやってますよ。

投資に関しては、トレードも実は軽くしてますが、多くの投資家の方(でかい金額稼いでる)って人とは違ってほそぼそと今はやっています。フリーランスの仕事柄もやってたほうがよかったりするので・・・

こういう記事に記載するようなOPENにしている実験的な取引とは別に、短期でもやってるはやっている。けれどもlotもでかくはない(そんな余裕はない)といった感じw

さて、本題に入りましょう。

1000通貨から始めるトルコリラスワップポイント投資

先月の9月20日、私はトルコリラのスワップポイント狙いでの投資というスイングスタイルでの投資を始めた。

こんな話を言うと、多くのトレーダーは冷ややかな目を私に向けるに違いない。

「スワップポイントでは幾多の先人たちが殺られてきていて、何を始めているのだ?」

と思ったかもしれないが、先人は先人です。

彼らが行った方法、時期、タイミング、先読みが甘かったに違いない。と若干自分の背中を無理やり押しつつ、この新しいゲームに取り掛かりました。もちろん行ったことがなかったから、興味があったという理由もあります。

テクニカルなどの短期的なトレード以外で必要となる勉強もしないといけなかったり、注意深く見たりしないといけないところも異なるなあと思っていて、それで私は最初色々と関係している可能性があるであろうところを手当たりしだいにみたりしてた訳ですねw

(そしたら、某有名ブロガーさんも同じくらいの時期に始めていて、なんか嫌でしたw)

私のトルコリラスワップ投資のルール

自分ルールとして作成したざっくりした流れは下記です。

  • 積立形式とするが、一回の購入は基本的には超小lotで適時増減(理由後述)
  • 一回積立をしたら、一週間は追加購入は原則しない(しばらくずっとしないもあり)
  • 反転売買をしない(リラ自体の先行きが最高にリスキーだと判断したら全撤退)

まず、これは私の感覚的なものですが、スワップ投資をする上で重要なのは何かを考えて見ました。

「今いくら不労所得があるんだぜ!?」みたいなその時の状態よりも、未来にわたって市場の平均価格よりもいかに低い値段で購入取得価格でのポジション保有を維持できる(できているか)という1点のみに掛かっていると踏みました。何より、トルコの政策金利とその国のインフレ率なんかを加味して、その国の政策金利≒スワップポイントという観点からの「得か損」かという判断にもなってくる部分はもちろんあると思いはしつつ、予想は立てれども自分ではどうにもできない。

ということで、こちらでできる分としては資金調節(lot管理)くらいかもなあ。って思ったり。

一回の購入に関しては、長期戦になることを見込んで一発一発を低ロットとして、かつ毎週購入とか、一定数の購入ということもしないでおこう(ここは裁量)と考えました。ドルコスト平均法ではないものとしています。

そして、もちろん完全なゲームというわけではないので、ヘッジする部分はヘッジを別ポジションで取るものとして(取る時は)、できる限りゲームオーバーにならないようにしようという試みは全力でやっていきたい所存ですが、なったらなったでいい経験か。くらいでいたいですねw

トルコをめぐる情勢

その辺りは、こちらの記事を参考にしてください。

こんにちわ。 今日は、色々なところでアフィリエイターがこぞってオススメしてそうなトルコリラについて、金利とインフレ等々を含めてトルコシ...
こんにちわ。 先日12〜13日は、トルコで拘束中だった米国人牧師「アンドリュー・ブライソン」氏が釈放されました。内容については、こちら...

他にも、注目しておきたいことは流動的なので、しっかりとチェックですね☆

トルコリラスワップ投資の1ヶ月目結果

  • 保有量10000通貨
  • 受取総スワップポイント 1795
  • 含み損益      +12595

現状、こんなもんです。

一ヶ月目までに1000通貨から積み立てて、10000通貨まで持っていきました。これは私の中では早いペースで買い増しをしていて、買って一週間は買い増ししないを破っています(というか初月の一ヶ月は分散させながら10000通貨までは持って行きたかった。

というのも、楽天証券FXでやってるんですけど、一日の10000通貨のスワップポイントは記事執筆時点で10000通貨あたり92円月に換算すると2760円年換算すると33120円(多分計算的に上ぶれているが)で、低レバで考えた時に一年後の累計スワップポイントで追加購入ができる金額になるという状況を早期に作っておきたかったことと(現状なら1000通貨レバ1で20000円ほどで追加購入できる)、現状私が打っていける金額を考えると、「10000通貨を保有」は継続して玉を打っていく(平均取得価格を下げていくため、もしくは上に追っていく)ためのリスクに該当するポジション量ではなかったため、月にある程度スワップポイントが受け取れる金額量としては早期に達成しておきたかったということが上げられます。

まあ、結果は上に行っちゃったんで、今後の買い増しのシナリオもまた微調整しないといけないんですけどね。

一ヶ月の総スワップポイント量

他の通貨のスワップポイントも合わせるとこんな感じです。

3614

こう見ると、なんか美味しく感じますねw放置してて3614円

ただ、この3614円程度のスワップポイントなんて相場が逆行けば一瞬で飛ぶ額だとわかっているので、常に考えながら動かないとですね。

ちなみに、上の1655円スワップポイントツイているのはドル円で、このポジは損切りも利食いもあり得るポジションです。ちょっと実験中。ツイでリスクヘッジポジ立てたりしてたのもこのポジションに対して。買いのポジションを建てたまま、買いのスワップがつく状態で売りのリスクヘッジポジを建てるポジション割合にして、ヘッジポジは利食いを繰り返す様な形を取っていきたいけど、最近寝るの早いのでどこまでちゃんとやれるか不明です。

下が人民元。ひたすら放置プレーが決め込まれるであろうポジションですねww

というのが、1000通貨から始めるトルコリラスワップポイント投資の1ヶ月目の報告でした。

ではでは☆

二ヶ月目の報告はこちら↓

こんにちわ。 9月から始めた1000通貨から始めるトルコリラスワップポイント狙いの運用2ヶ月目に入りました。 前回の1ヶ月目の記...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする