【交通費節約】時間をお金で買わないことの勧め!?楽しく交通費を節約する方法!

こんにちわ。

さてさて、節約記事です。

とは言ったものの、この節約記事で書いている内容は、

節約するためにこれから書くことをするのではなく、これから書くことを「してみたいと思った人」が結果的に節約になるという感じです。

簡単に言うと、近場に要がある時は車や公共交通機関を使わずに歩いて行っちゃいないよ。

っていう単純なお話です。

単純な話ですが、早め早めに行動して、次の予定の時間に間に合うようにさえすれば、チリツモで交通費分が浮きますww

歩いてエンジョイ!交通費節約!

交通費って馬鹿になりません。

車のガソリン代もそうですし、公共交通機関を利用するならなおさらその都度手元からお金が出ていく感覚は日頃から感じる人は多いでしょう。

ただし、上記を使うメリットも当たり前ですが大きいのも間違いないです。

時間が節約できるんですねw後は疲れない。

車や公共交通機関を使ったほうが歩いて行くより圧倒的に早いです。

なので冒頭でも言ったように、歩きたい人限定wwな感じにはなります。

また、体を痛めている方は無理に行なうのは辞めましょう。

歩くことで交通費節約を考えてみても良いのでは?という人の例としては

※そもそもウォーキングの時間を日常的に取っている

→買い物に掛け合わせてウォーキングと買い物を同時にしてしまおう

※日頃運動不足な人で、動機づけがない

→お金も節約できるし、運動不足解消にもなるよ!

※1区間だけなどの短い区間にしょっちゅう乗る

→ちょっと早く行動すれば意外と歩きで十分かもよ

歩いて交通費節約のメリット

片道2時間以上かかるような買い物はちょっと例外的に除外しますが、

私がメリットとして感じている

「金銭的な節約部分以外」をお伝えしたいと思います。

  • ちょうどいい運動になる
  • 音楽なんかを一人でゆっくり聞けるので気分が良い
  • アイデアが出やすい

ちょうどいい運動になる

近所に買い物に行く場合は、歩いて買い物に行く≒ウォーキングすると思うようにすれば、

一石二鳥です。交通費を浮かせつつ、運動ができます。

ただし、その場合は手さげ袋だと帰りが大変なので、リュックをつかうことをオススメします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CAPTAIN STAG デイバッグ18L FEEL BODDCO【RCP】【M-9312 M-9313 M-9311 M-9314】
価格:2549円(税込、送料別) (2018/12/20時点)

楽天で購入

リュックを持っておけば、買い物帰りでも荷物を入れることが出来ます!!

ただし、大量の買い物をした場合などには入らない場合もあるので、その場合は袋を貰いましょう。

私?私は

「あ、袋いらないです!」のマイバック派ですよ!もちろん!

音楽なんかを一人でゆっくり聞けるので気分が良い

今はスマホのアプリでも、youtubeでの音楽を半バックグラウンドで聞けるようなアプリがありますので、専用の音楽再生プレイヤーがなくても十分です。

ただ、スマホとは別にしたいという人なんかもいると思うので、

もし欲しいという場合は、安価で売っているので購入して、

お気に入りのプレイリストを作っちゃいましょう!

非常に安価に売ってます。良品かどうかは別として。

こだわる人こだわる分野ですよね。

私の様に気に入った曲があったらひたすらリピートするタイプなら、

「これでもかっ!!」ってくらいにひたすら聞けますよ☆

こんなレベルで聞きますww

アイデアが出やすい

音楽を聞きつつ、体を動かしつつ、色々な視覚的な情報も「歩く」という行為を通じていつもと異なった状態で入ってくるため、アイデアが湧きやすいです。

これは結構真面目に思っています。

私は基本的に家から全然でる必要のない仕事執筆時点ではメインでライター)

をしていますが、構成案なんかは仕事中に考えませんw

案は歩いている時に考えておくことが多いです。

後はブログの記事で何書こうかな〜とかも結構歩いている時に出てきます(この記事が良い例)

まずはこうやってメリットに感じたことをお伝えしました。

デメリットは、前述したとおり

【時間がかかることと、疲れることですw】

後は、一定以上の遠い場所には現実的に難しいということでしょうか?

(どれも当たり前なんですけどね)

歩いて交通費節約を行なう上での注意点

歩くことで交通費を節約をしていこうという時に、気をつけておく必要があることがあります。

「途中で浪費をしてしまう可能性」です。

例えばギャンブルが好きな人ならパチンコ屋によってしまうなどや、不必要な買い物をしてしまうというような感じです。

また、外でペットボトルの水なんかを買って水分補給として飲み物を買ってしまう。

ということも、極論を言えば「もったいない」。

→脱水などの関係もあるので必ず水分補給はしてください。

この辺の細かい出費は、気にならないなら良いですが、

「せっかく歩いて交通費を節約していこう」というのに、外で飲み物を買ってしまうのは多少なり「もったいない!!」(笑

特に、継続してこういった試みをしていくならなおさらです。

☆注意する点をまとめると☆

持っていく財布の中身は、必要最低限の金額が入った分を持っていくことと、そこまでしなくてもいい!と思う人もいるかもしれませんが、ちょっと遠くに行く場合などは水分補給必須なので、せっかくなら家から持参しましょう。

距離や体格、気温などもによりますが、

できれば500ml近くは水分が取れる状態にしておくことが望ましいと思います。

紹介したのは少し小さい。

また、家から飲み物(珈琲だけとかでも)を会社に持参するっていう癖をつけるだけで、

随分と小銭が浮くはずです。

例)一日に缶コーヒー2本飲んでいるとする。

自販機の缶コーヒーだとして130円✕2本 =260円

月の出勤が20日あるとする。260円✕20日 =5200円

年の出勤が単純計算で20日✕12ヶ月の場合 =62400円

えっ!?って思いません?w

缶コーヒーだけでこんなに掛かってんだ・・・って大方の人がなる気がする。

(個人の見解なのでわかりませんがw)

上記の珈琲を例にしたとして、

面倒ならまとめて作っておいて、冷蔵庫保存で朝レンチンしてタンブラーに入れていくという手も使えます。

もし、コーヒー豆からではなくて、インスタント珈琲を使った場合は、

「一回の飲む量で換算すると缶コーヒーの10分の1程度の値段」に抑えられたと思います。

ものによってはまだ安いかもしれない。

歩いてエンジョイ!交通費節約!まとめ

さて本題に戻ると、

時間がある人なら、是非用事は歩いて行くことをオススメしますよということと、

その際に、無駄な出費をしないように気をつけることが、

歩くことで交通費節約の大切な点かなと思います。

時間がある方なら、レッツウォーキング!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする